一般事務職から結婚式の司会業への転職体験

 短大を卒業後、親戚の紹介で建設会社の事務職をしていました。仕事内容は主に営業のサポート、事務処理などでした。特に会社に不満はありませんでしたが、仕事に慣れて来た3年目あたりからなんとなく、「このままでいいのかな」と思うようになりました。 続きを読む

地元の町工場から中国へ

 大学を卒業して就職をして5年くらいはサラリーマンとして働きましたが、小さな会社であることと、自分の中にある不安がどうしても拭えませんでした。ギリギリの業績や残業の多さ、それでいてそれを許してしまう会社の雰囲気もどうしても馴染めませんでした。 続きを読む

もう一回チャレンジしたいので転職

我なら青臭い話ではあると思うのですが、今勤務している会社は東証1部の上場企業ですし、会社の名前を言えば誰もが知っている会社のグループ企業ですので、安定感は抜群で、私自身は中途の入社ではあるのですが、それなりに評価をされているとは思っているのですが、そういう環境であるが故にチャレンジングという感じはないのが、ちょっと違和感を感じるところです。 続きを読む

将来を考え、転職を決意

警備の仕事をしていました。
ビルの駐車場に立って見回りをしたり、ビル内のお客さんの安全確認などもしていました。
仕事内容は立ってたり見まわったりだけですから楽ですが、給料が安かったです。

そして給料が上がらずに将来のことを考えた時にこのまま働くよりも可能性にかけて転職する方が給料アップが見込めると思い転職を決意しました。
続きを読む

仕事の辛さから不動産業を脱出

仕事のキツさから転職を考えました。
不動産業、特に住宅販売は営業が大変で就職する前は「ノルマはない」と言っていましたが実際は営業件数を聞かれる毎日でした。
辞めていく人も多く、「3年で半分残ればいい方」と上司が言っているのを聞き何だか働く気力がなくなりました。

転職するならば早い方が良いと思い、どこでも良いから就職先を探しました。
もちろん正社員希望での転職です。
続きを読む

他業種への大胆な転職体験

勤めていたのは、食肉加工販売会社の営業職でした。肉屋さんが相手なので、朝がはやいのです。毎日、6時に会社でミーティングが行われ7時に担当肉店や食肉加工会社へ営業に出かけます。帰社するのは、2時頃で3時には退社します。勤めてから5年ほどした頃に景気が悪くなり、会社が買収されてしまいました。本社の場所が、住まいから片道3時間はかかる場所に移転してしまいました。
続きを読む